ホーム > every news > ○○のようなひと

○○のようなひと

いつも SAKURA everyのブログを見てくださり、ありがとうございます。

篠栗校の別府です。かなりお久しぶりです。

 

さて。塾での対面授業を再開させて2週間弱経ちました。

ようやく学校の授業も本格的に再開して、定期テストの話も出てきています。

 

そんな中、今日は中3の国語の授業をしました。

中3が最初に習う作品で「水のようなひと」という作品があります。

おーなり由子さんが書いた、口語散文詩です。

 

世の中には、色々な人がいる。

水のようなひと、木のようなひと、花のようなひと。

他にもいろいろ。

 

詩の中に「みんなそろうと、思いがけない豊かなことがきっと起こる」という表現があります。

人はみんな違う。性格も考え方も。

でも、だからこそ面白いし、だからこそ色々な人が集まると豊かになれる。

色々な人がいるって素敵だな、素晴らしいな、と思わせてくれる詩です。

 

ほとんどの学校で、「自分は何のようなひとだと思いますか?」という問いかけを先生からされます。

私も中3にこの授業をする際、自分は何のようなひとだろう?と考えます。

どんな答えでも、それは自分の個性であり、良いところでもあれば悪いところでもあるかもしれない。

この詩を読むと、自分を見つめなおす良い機会が得られるかもしれません。

 

でも、そんなふうに色々な人がいるから、人はおもしろいし、豊かになれるんですよね。

最後の「いろいろな友だちがいると、うれしい。」という表現がとても好きです。

なんだか、ホッとします。

あ、私は私のままでいいんだ!みたいな。

 

皆さんもこの詩を読んで、自分は何のようなひとなのか、自分を見つめなおしてみるといいかもしれませんよ☆

 

 

 

トップへ戻る