ホーム > every news > 新しい英語のために

新しい英語のために

いつもeverySAKURAのブログをご覧いただきありがとうございます!

every箱崎の豊島です。

 

新学年になって2ヶ月。

緊急事態宣言など発令され、なかなか緊張の解けない日々が続いている中ですが、学校の授業には慣れてきましたか?

 

今年になって特に大きく授業内容が変わったのが、英語。

皆は初めて習う内容なのであまり違和感は無いかもしれませんが、今年から難しさがアップしています。

 

例えば、動作の継続を表す現在完了進行形。

塾ではもうすぐ習うと思いますが、動詞の部分を

have been ing

で表します。

これって、今までは高校の内容だったんですよね。

 

他にもcan「〜することができる」が中11学期出てきたり、教科書によっては不定詞が1年の終わりに出てきたりします。

 

中学英語の難化に対応するためには、小学生のころから「読める」英語力を身につけることが必要です。

小学校での英語授業が始まっているとはいえ、学校では「話す」指導が中心です。実際に目の前にある単語を「読む」ことはまだ難しそう。

 

フレンドって発音はできるし意味も分かるけど、friendってなんて読むの?

知らない単語だ😢

 

こんな感じです。

まずは単語を「読む」練習をさせてください。

意外とcarとかteaなど読めないことが多いです。

単語を読めれば、恐らく今の子供達は意味も理解できると思います。

 

全ての子どもたちが楽しく英語を学べますように

トップへ戻る