ホーム > every news > 自学ノート・学校ワークの使い方

自学ノート・学校ワークの使い方

こんにちは!

every二又瀬のab🦐です。

 

今日は1学期期末テストの前ということで自学ノート・学校ワークの使い方について

私の教室での取り組みについて書きます。

 

自学ノートの使い方

数学の授業がある日は間違えた問題を自学ノートにやり直しをさせます。

確認テストがある日は確認テストの問題を自学ノートに解かせます。

まとめを書くノートではなく、解かせるノートにしています。

ノートにまとめることは悪いことではありませんがノートは解くために使った方が成績は上がります。

 

学校ワークの使い方

学校ワークは遅くても1週間前には終わらせておくことが大事です。

学校ワークは3回(最低2回)は必ず解くように指導しています。

1回目は自分がわからないところを見つける。

2回目は間違ったところやわからないところをできるようにする。

3回目は学校ワークを完璧にする。

中にはとても難しい問題(発展問題、チャレンジなど)がありますが、

まずは基本問題、練習問題ができるようにしましょう。

 

以上簡単ではありますが、生徒に指導している内容です。

実際、ここまで全員できていたら成績は格段に向上します。

生徒全員が以上のことができるように指導していきます。

 

 

 

トップへ戻る