ホーム > every news > 雨ニモマケズ

雨ニモマケズ

岡山は期末テスト週間の真っ最中!

明日からのところもあれば来週からのところもあったり。

いつもよりちょっと自分に厳しく頑張ろう!

 

6月はSAKURA岡山にとっては特別な月になります。

 

2016年6月に岡山に初めてのSAKURAが開校しました。最初はSAKURA問屋町SAKURA西阿知の2校だけでしたが、今では6校にまで増えました。そして今年の6月でSAKURA岡山は4年目に突入しました。

 

私は最初の頃からずっと岡山で勤務していて、開校時は結構のんびりとしていました。SAKURA問屋町の前に1本だけ植木が立っていたんだけど、私は勝手に「オックスフォードくん」と名付けてみたり、毎朝挨拶したり、触れてみたり…。かなり平和な日々でした(そんなことはなかったかな…)。

 

徐々に生徒の数が増え始め、だんだん受験の時期に突入し、1年目の終わりには塾っぽく、たくさんの生徒が毎日勉強する姿が教室で見れるようになっていきました。岡山の生徒って黙々と頑張る生徒が多いというか謙虚なイメージがあるので、なんとなく宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を思い出すんですよね。

 

 

雨ニモマケズ

風ニモマケズ

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ

 

 

元巨人の川相選手も岡山出身だけど、あの人見てても「雨ニモマケズ」を思い出しますね。謙虚だったり自己犠牲の精神があったり、でも芯が強そうでもあり…。SAKURAを卒業していった生徒たちも、今SAKURAで頑張っている生徒たちも、なんかずっとそんな風であってほしいな…、とか。この3年間を振り返りそんなことを考えています。

 

 

 

 

 

 

 

あっ!

オックスフォードくんも頑張れ!!

台風なんかに負けないで!!

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る