ホーム > every news > 夏の岡山

夏の岡山

岡山・兵庫県西部は用水路が多いことで有名です。

中2の地理で習う、瀬戸内の気候は中国山地と四国山地に挟まれて降水量が少ないという理由からです。

夏期講習のチラシ配りをしながら用水路を眺めていると本当にいろんな生き物が住んでいます。

悠然と泳ぐ雷魚やたくさんのカメ。外来種のミドリガメがほとんどですが、先日はクサガメを発見しました。

また、ヌートリアという毛皮目的で輸入され野生化した大型のネズミの仲間(小型のカピバラみたい)は日本一の生息数らしいです。

ホントにその土地土地でしか見られない風景がありますよね。

これが岡山の日常です。

 

トップへ戻る