ホーム > every news > How to Study

How to Study

こんにちは!
入学式・始業式から早1ヶ月、新しい環境に慣れてきた人も多いでしょうか。

 

さて、中学生の皆さんはほとんど、6月に定期テストが控えています。
「テストで高得点を取りたいけど、勉強の仕方がわからない…」
という生徒をよく見ます。

 

ずばり、高得点をあげるために心がけてほしいことは何か?

 

それは、
「どれだけ勉強したか」ではなく、
何を頭に残したか?
を意識すること

です。

 

確かに、勉強とは量をこなすことや丁寧さも大事です。
「今日は5時間勉強した!」
「先生、自学ノートがきれいに書けました!」

 

素晴らしいですね。
しかし、私はこういう話を生徒から聞くと、必ずこう返します。

 

「じゃあ、今日覚えたことは何?」

ほとんどの生徒が答えられません。

自学ノートをきれいに書くことや、5時間机に向かったことに満足し、内容を覚えていない生徒が多いのです。

5時間勉強した結果、何も頭に残っていないようでは、その5時間はほとんど意味のないものだったと言ってよいでしょう。

(もちろん、その努力は素晴らしいですが…)

 

ですので、30分でも5時間でも構いません。

その勉強時間の中で、

何を頭に入れたか?
何を新しく覚えたか?

を明言できるように勉強しましょう。

 

「interestingという単語を何も見ないで書けるようになった!
「徳川家康が朱印状を発行して行われた、朱印船貿易を覚えた!」

 

こんな成果を感じることができたなら、その日の勉強は成功です。
勉強する前より勉強した後、今日より明日と、少しずつ覚えたことを増やし、成長してください。

 

6月の定期テスト、皆さんが満足できる結果を出せることを祈っています(^^)

トップへ戻る